月別アーカイブ: 2009年11月

Haru – ハル君


2009
560 x 760 mm
Sumi Ink, Paper
時空を超えてやってきたハル君。
子供の頃の私が目の前に現れたような気になった。
ずっと忘れられてた置き去りの私。
それは一番本質的な自分の姿かもしれない。
私が抱きしめたくなったのは、
ハル君なのか、それとも置き去りの私か。
何かを忘れている。
何か大事なことを忘れている。
ハル君が伝えようとしたのは、
ずっと昔の私の小さな声。
もう何も思い出せない。